メルマガ配信専用にSubscribe2を使いたい、記事投稿の通知用ではなくて

メールマガジンをWordPressから送付する目的でSubscribe2もインストールした。
記事投稿での通知はしないということで一通りの設定をしてみた。

さきほど、bbPressの記事を公開したら通知メールが来ていた。
メルマガ読者とWordPressの登録購読者のアドレス宛に届いていた。

うーむ。

記事の投稿でメール通知されるのは想定外だったので、記事投稿でメール通知しない設定を調べてみた。
ちなみに、一度投稿した記事を修正して公開した時にはメール通知はなかった、参考まで。

まずは、通知なしにしていた筈だったので、どうして出たのか調べてみた。
購読カテゴリには1件もチェックを入れていなかった。
「以下の投稿者が書いた記事の通知は送らない」という日本語に相当する設定ですべての投稿者のチェックが外れていた。
今チェックを入れてみたので、これでどうなるか。テスト投稿を公開して試してみた。

[結果]
この記事を書いているアカウントにだけメールが届かなくなった。

Subscribe2の設定で開いた「以下の投稿者が書いた記事の通知は送らない」は個人設定だった。

Subscribe2全体の設定が「Subsribe2>設定>登録ユーザー>除外するカテゴリー」にあったので、すべてのカテゴリを除外してみた。
テスト投稿を公開してみた。

[結果]
メルマガ読者にはメールが届かなくなった。
しかし、WordPressの登録購読者にはメールが届いた。

今度は「除外するカテゴリー」の下にある「除外カテゴリーの購読を読者に許可しますか? 」のチェックを外してみた。
テスト投稿を公開してみた。

[結果]
メルマガ読者にメールが届かない。
WordPressの登録購読者にメールが届かない。

やっと、当初の目的通り「記事投稿の通知」をしないようにできた。
これで、メルマガ読者にだけメールマガジンの配信ができるようになった。

Subscribe2の機能や有志の方の日本語訳には大変助かっているので、これは運用者の責任である。
元々が英語のため、微妙な意味合いの違いでわかりずらくなっていた。
後で自分が楽をするために簡単にまとめるとこういう意味だ。

  1. メルマガ読者=「メールマガジン登録者」と考えてよいが
     「Subscribe2>メルマガ読者」のメニュー上の[メルマガ読者]はメルマガジン登録者とWordPressの登録購読者の両方を意味する。
  2. 「Subscribe2>読者設定画面」の「読者」=WordPressの登録購読者
  3. 「Subscribe2>メルマガ読者>[メールマガジン登録者]」=メールマガジン登録者
  4. 「Subscribe2>メルマガ読者>[登録済みの購読者]」=WordPressの登録購読者
  5. 「Subscribe2>設定>登録ユーザー」=「メールマガジン登録者」+「WordPressの登録購読者」
  6. 「Subscribe2>設定>登録ユーザー>除外するカテゴリー」の下にある「除外カテゴリーの購読を読者に許可しますか? 」の「読者」=WordPressの登録購読者(このチェックを外すと除外するカテゴリーがWordPressの登録購読者にも適用される)